自己破産2回目で失敗しないために大切な事とは?-徹底解説-

自己破産2回目で失敗しないために大切な事とは?-徹底解説-

自己破産2回目で失敗しないために大切な事とは?-徹底解説-

本人が所有している資産をお金に換えて債権者に配るかわりに、これまでの借金を返済する義務を帳消しにしてもらって、新しいスタートを切ることができるのが自己破産とよばれる制度です。
自己破産をむやみに認めると、お金を貸した側にあたる債権者は多大な損失をこうむることになり、社会のなかで借金を含めた契約を安定的に成り立たせる上でも支障が出てきますので、自己破産をするためにはさまざまな条件や手続きが伴うこととなっています。
こうした自己破産を過去に1回行ったにもかかわらず、その後の事情でさらに生活が苦しくなったために2回目の申立をしようとする場合、果たして裁判所はその申立を認めるかどうかが焦点となります。
結論からいえば、2回目であっても自己破産は認められる可能性がありますが、1回目よりも条件的には厳しくなると考えたほうがよいでしょう。
一般的に自己破産とよばれている法律上の手続きは、実際には破産手続と免責許可という2つから構成されています。
破産手続のほうは、本人の資産を債権者に分配して負債を清算するための手続きであり、破産管財人とよばれる人が分配にたずさわります。
いっぽう、免責許可というのは、破産した人が抱えていた借金などの債務を今後支払わなくてよいといする裁判所の決定のことです。
破産手続ができたとしても免責許可が下りなければ本人にメリットはありませんが、2回目の申立では、1回目から7年経過しないとこの免責許可が下りないという点に注意しなければなりません。