自己破産の流れを簡単解説※初心者でもわかる破産宣告ガイド

自己破産の流れを簡単解説※初心者でもわかる破産宣告ガイド

自己破産の流れを簡単解説※初心者でもわかる破産宣告ガイド

債務者が自力での債務の弁済が困難になった場合や、他の債務整理の方法を試みるも不調に終わった場合は、裁判所に自己破産を申し立てて生活の再建を行うことになります。
自己破産の手続きの流れは破産法の規定に基づいて進められていきます。まず、債務者は裁判所へ破産手続開始の申立てを行います。申立ては口頭と書面の両方で受け付けていますが、申立人の殆どは書面で申立てを行っています。書類が受理されると、後日裁判所から審尋期日呼出状が送付されるので、指定された日に裁判所へ行って審尋を受けます。審尋で裁判官から尋ねられたことに対しては包み隠さずに答えましょう。審尋を終えた裁判官は、申立書類と審尋の内容をもとに破産手続開始を決定するかどうかを判断します。
裁判所は破産手続開始の決定を行うと、通常はただちに破産管財人が選任される流れとなりますが、自己破産をする債務者のほとんどは支払不能の状態に陥っており、破産手続を継続できるだけの費用を工面することはまずできません。そのため、裁判所は破産手続開始の決定と同時に、破産管財人を選任せずに破産手続廃止を決定し、ただちに免責手続に移行します。
免責手続では、申立書類と債権者からの意見をもとに免責を許可するかどうかを判断します。ケースによっては、破産手続開始の申立てをした時と同様に、申立人に呼出状を送付した上で審尋を行うことがあります。審理の結果、免責不許可事由が無いと判断した場合、裁判所は免責許可の決定を出します。決定が出された後に債権者などから異議申立てが無ければ、免責が確定します。自己破産の手続きの流れは、この免責の確定をもって終了となります。