自己破産にかかる期間※最短・最長でどれくらいかかるか調査!

自己破産にかかる期間※最短・最長でどれくらいかかるか調査!

自己破産にかかる期間※最短・最長でどれくらいかかるか調査!

自己破産は債務問題を解決するために最も有効な手段の一つですが、これを利用する場合にはそこに生じるデメリットなども理解していなくてはなりません。
特に大きなデメリットとなるのが「自己破産の情報は一定期間記録される」というところです。
この自己破産の情報と言うものは信用情報に記録される情報の中でも、特に重大な物として扱われます。
さらにこの信用情報は金融機関が融資をする際、それぞれの消費者の信用度を確認するために必ずチェックする情報です。
この情報の中にもし問題があるというようなことになってしまっているのであれば、融資をしてくれる金融機関と言うものはほとんどいなくなってしまうのです。
そして、この自己破産の情報は信用情報の中でも特に大きな問題となるものの一つですから、自己破産という情報が記録されている限りはほぼ間違いなく融資は断られるということになってしまうのです。
さて、それではこの情報はどれくらいの期間、保存されるのでしょうか。
これは信用情報を管理している個人信用情報機関によって取り扱いが異なります。
ですが一般的な保存期間としては「10年」が設定されています。
つまり裁判所に自己破産の申し立てをして、それが認められたというような場合には、その申し立てが認められた日から起算して10年間は一切の融資を受けることができないとして考えるべきになるのです。
これは銀行などはもちろんですし、消費者金融などの小口融資においても同様です。
あまりにも気軽に自己破産をしてしまうと、後々になって後悔することもありますので、事前によく考えておきましょう。