自己破産における同時廃止事件って何?~破産宣告の前に~

自己破産における同時廃止事件って何?~破産宣告の前に~

自己破産における同時廃止事件って何?~破産宣告の前に~

債務整理を行なう場合は、一般の人の場合は金融や法律に関する知識はそれほど多いとは言えないものがあります。
それゆえに債務整理をする前はその内容や専門の用語についてもよく理解しておくことが大切です。

債務整理でもよく知られた方法としては自己破産があげられます。
自己破産は裁判所に返済能力がないと認められるとすべての借金の返済を免除してもらえる制度です。

そして、自己破産を行なう際にも様々な用語が登場しますが、同時廃止という言葉も出てきます。
自己破産をすると、借金の返済をしなくて良い代わりに、自宅や預金などの価値のある財産を失うことはよく知られていますが、破産しなくてはいけないほど困窮している人の場合は最初からそうした財産を持っていないということも少なくありません。

同時廃止は債務者に価値のある財産がないことがはじめから明らかな場合、破産手続き開始決定と同時に破産管財人を選ぶことなく破産手続きを終えることを指します。


価値のある財産がある場合は破産管財人が財産の処分や換価を行なうこととなりますが、この場合は手続きにもそれなりに費用が必要です。
最初からそうした財産がない場合は同時廃止となり手続きがより迅速に行なえるようになります。
そして破産管財人への報酬などの費用が必要ありませんので、破産者の負担をより抑えることができます。

同時廃止となれば、債権者に配当することはありませんので、その後は免責許可の決定の手続きを行うこととなります。