自己破産のデメリットが意外と少なかった!《借金解決体験談》

自己破産のデメリットが意外と少なかった!《借金解決体験談》

自己破産のデメリットが意外と少なかった!《借金解決体験談》

自己破産は債務問題を抱えた人にとって、その問題を解決するための最後の手段となる存在です。
必要な要件を満たしたうえで裁判所に申し立てをし、この申し立てが受理されたのであればその人が持つ債務は帳消しとなり、借金のない人として再スタートを切ることができるようになるのです。
ただしかし、自己破産が債務問題の解決に効果的だからと言って「何かあった時には自己破産をすればよい」と思い込んでしまうのは良いことではありません。
確かに自己破産は手をつけることができないレベルになってしまった債務御問題を解決してくれる方法ですが、そこにはさまざまなデメリットがあるのです。
ではどういったデメリットがあるのかと言うと、まず最も大きなデメリットとなるのが「所有している財産の一部以外は没収がされる」ということです。
これは一品で20万円を超える資産の全てと、総資産で99万円を超える部分の全てが没収の対象です。
この価値の判断については中古品としての価値がベースとなるために家財の全てが没収されるというようなことはありませんが、財産を失うということは明確なデメリットとして考えることができます。
また「自己破産の情報は信用情報に記録される」ということもデメリットの一つです。
信用情報は金融機関が融資の判断をする際に必ずチェックする情報となっており、ここに自己破産の情報が記録されてしまっているのであれば、その人に対して融資をしてくれる金融機関はいないと考えるべきなのです。
自己破産を行う際にはこうしたデメリットが存在しているため、決断を下す際には本当にそれしか手段がないのかと言うことをしっかり考えましょう。