自己破産が出来ないケースに当てはまっていませんか?※必読

自己破産が出来ないケースに当てはまっていませんか?※必読

自己破産が出来ないケースに当てはまっていませんか?※必読

借金に苦しむ状況を打開する為、自己破産を希望する人も少なくありませんが、その際に気になるのがやはり自己破産後の生活の変化です。
自己破産後には生活に大きな変化を強いられると思い込んでいる人も多く、それが借金に苦しみながらも自己破産という選択をしない人が多いひとつの要因ですが、正しい知識を持つことで、それにまつわる無用な不安を払拭することが出来ます。
自己破産を行うことによって、その後の生活に変化を及ぼし得るポイントは主に2つで、まず挙げられるのが財産が処分されると言う点です。
これが自己破産後の生活に関して最も誤解されることの多いポイントで、財産を処分と言うと何もかもが全て差し押さえられてしまうというイメージがありますが、実際には必需品である家財道具や、99万円以下の現金は処分されることはないので、これによって通常の生活が送れないような困窮状態に陥ってしまうことはありません。
そしてもうひとつのポイントが、ブラックリストとして5年から10年間信用情報機関に登録されてしまうことで、この期間ローンが組めなかったりクレジットカードで買い物ができないという不便がありますが、必要なものは現金で購入すれば問題ありませんし、そもそも自己破産後は生活再建を最優先するべきなので、ローンが必要な大きな買い物は控えるという意識が大切となります。
以上のように、人によっては多少の不便を感じるケースはあるものの、通常の生活が脅かされるような重大な変化を心配する必要はないので、借金に苦しんでいる場合は自己破産に踏み切るのが得策です。