自己破産後、クレジットカードは持てないの?※ブラックリストについて

自己破産後、クレジットカードは持てないの?※ブラックリストについて

自己破産後、クレジットカードは持てないの?※ブラックリストについて

一般に、自己破産をするとクレジットカードの発行が難しくなるといわれています。
それも当然です。
なぜなら、いったん自己破産を行えば、その事実が信用情報機関に登録されてしまうからです。
その状態でもしカード会社の審査を受けたとしても、すぐに申込者が自己破産していたことが知られてしまうので、審査に通ることはありません。
したがって、自己破産するとクレジットカードの発行が難しくなるというのは、確かな事実であるといえます。
ただし、ここで勘違いしてはならないことがあります。
それは、法律の中で、信用情報機関に登録された人を、カード会社は審査で落とさなければならないという決まりはないということです。
そのような法律はどこを探してもないのです。
ただ、自己破産した事実が信用情報機関に登録されるということであり、その情報を見て各クレジットカード会社が審査に自主的に落とすというだけのことなのです。
ですから、カード会社の事情が許すのであれば、別に自己破産者であっても審査に通しても問題はありません。
現に、信用情報機関に登録されている期間中でありながら、自己破産者が新たにクレジットカードの審査を受けて通ったという話はあります。
これがまさにその証拠であり、信用情報機関に登録されてもカードが再発行できないわけではないことが分かります。
カードを発行するかどうかは、あくまでカード会社の判断に委ねられているということを覚えておきましょう。